« March 2006 | Main | May 2006 »

ヒメオドリコソウ

 話は2週間ほど前に遡ります・・・そう、あの「マムシグサ」の写真を撮った日のこと・・・
子ども達と「天竜」の山の中に入った日・・・子ども達が遊んでいる広場のちょっととなりで、小さな花を発見
Himeodorikoso
「ヒメオドリコソウ」です・・・この花・・・捜していたのですよw
いえ、どこにもありそうな花なのですが・・・どうも我が家のまわりは「ホトケノザ」ばかりで、この花を見かけない物ですから。
が、これも小さな花・・・地面にはいつくばって写真を撮っていると・・・「こんにちは」・・・??・・・花の向こうに「おじいさん」が出現・・・どうもこの場所、公園の一角じゃなくて、道を挟んだ隣の畑だったようでw・・・行動が不審がられたかな?
「花の写真撮ってるのか?」「この花、わしが山からとってきて植えたんだ」
・・・えっ?・・・この「ヒメオドリコソウ」を?・・・そう思ってまわりを見渡すと・・・
Syaga畑のまわりには・・・「シャガ」がきれいに咲いてましたw・・・「小さい花」を捜していたので・・・ほんとこの花に気が付いていませんでしたw
 でも、藪の中に咲くこの花・・・畑のまわりでは日当たりが良すぎるのか?・・・ちょっとくたびれ気味w

 おじいさんはこの花がたいそうお気に入りなのか・・・「ここまで咲かせるのに苦労した」とか「花は好きか」とか「写真撮ってくれてありがたい」とかw・・・いろいろ話しかけてくれて・・・「最近息子からデジカメをもらって・・・」「使い方が良く解らないのだが、三点フォーカスってどうやってやるか知っているか」との問いかけもありましたが・・・ゴメンナサイ!カメラは持っておりますが・・・使える機能は「ズーム」と「接写」だけw・・・笑ってごまかしてきましたw

 さて・・・そこで見付けたもう一種類
06041604
「ムラサキケマン」かな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

からたちの花

 昭和歌謡曲のタイトルじゃありませんがw・・・あまりにも有名なので「からたち」の「名前を知らない人は少ないでしょうが・・・でも「実物」の花は?
Karatachi01 こんな花です・・・漢字で書くと「枸橘」・・・でも、「唐(中国や朝鮮)から渡来した橘」という意味らしい。
どうですか?・・・「あの歌」のイメージ通りですか?
では・・・こちらの写真は?  Karatachi02
そう・・・この「棘だらけ」の枝が「からたちの枝」なのです・・・あの歌の女心の裏にはこんな棘が隠れているのかw

昔のミカンは「枸橘の木」に接ぎ木をしたそうで、ミカンの木も棘だらけだったとか。

※「島倉千代子さんの歌」の正式なタイトルは「からたち日記」です。・・・「からたちの花」は北原白秋作詞の方でしたねw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スズメノエンドウ

 野原でよく見かける「小さな赤いマメの花」・・・先日も紹介しましたが・・・この花は「カラスノエンドウ」と呼ばれております。
Karasuno01 名前の由来は・・・花の後に出来る「豆果」が実ると「真っ黒」になるからだとか

さて・・・一方「スズメノエンドウ」という花もありまして・・・こちらの由来は「豆果」がとっても小さいので「スズメ」になったのだとか。

 恥ずかしいことに・・・「花」や「豆」が小さいだけで「同じよう花」なのだと思っておりましたが・・・「葉ももっと細かく花はうんと小さくて・・・」と教えてくださった方が・・・「よし、これは捜してみなければ・・・」

ということで・・・見付けたのがこの花
Suzumeno01Suzumeno02 うわっ・・・ほんと「小さい白い花」ですね・・・あまり小さすぎて、この写真じゃよく判別できないかもw
この花・・・知っているような知らないような?・・・田舎で草にまみた子ども時代を過ごしましたので、たぶん「見た」事はあるんだろうな・・・でも、ほんと印象に残っていなかった。
Suzumeno03
こんなちっちゃな花なのだから・・・出来る「豆果」もちっちゃいんだろうなぁ・・・これも「要 追跡調査」の花になりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

穀雨

 二十四節気の一つ・・・「春の温かい雨が降って、穀類の芽が伸びて来る頃」・・・ってはずなのだけれど・・・今日の「雨」はすごかった!!
 朝5時前後に「ものすごい雨」・・・かと思ったら、晴れ間が覗き・・・そして再び「激しい雨」・・・職場の誰かが「台風の目みたい」と一言・・・まさにそんな感じでしたねぇ。
06041402
さて・・・我が家の庭に、今年も牡丹の花が咲きました。
いつも「つぼみ」は付くのだけれど・・・咲きそうになると決まって「雨」がふって・・・充分に咲ききらないうちに「くたぁ」となってしまうのです。・・・今年は良い具合に咲きましたね。

 牡丹の根本に・・・おや?不思議な形の白い花?
0604200206042003
4枚の花びら(なのかな?)が細く伸びて・・・「十字」の型を作っております。
ばぁちゃんに聞いたところ・・・「十文字草」との答えが・・・でも先日の「マムシグサ」の件もありますからw・・・ここはネットでしっかり検索。
 で・・・見付けた名前が「イカリソウ」・・・船の「錨」に形が似ているからだとか。・・・「十文字草」はまた別の花がありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヤマブキ

 この時期に山道を走っていて・・・目に鮮やかな「黄色」が飛び込んでくる。・・・この時期に一番目立つ花・・・「ヤマブキ」です。
Yamabuki01Yamabuki02
 この花は「一重」ですが・・・「八重の花」も」あるようです・・・まだ「実物」と遭遇したことはないのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マムシグサ

 山の中で珍しい花を発見・・・ 子どもの時に見た記憶ががある・・・これはたぶん「コンニャク」の花?
Konnyaku02Konnyaku03
コンニャクの葉っぱってこんな感じだったし・・・茎のまだら模様も「コンニャク」と同じだし・・・ということで「コンニャク」と断言して記事にしたのが昨日のこと

 が・・・これ、コンニャクじゃなかった!!・・・子どもの持っていた「小学館の図鑑 NEO」にしっかり出ておりました。・・・そう、この花の本当の名前は「マムシグサ」
 コンニャクイモと同じ「サトイモ科」なので、茎は確かに似ていますが・・・葉っぱが違った!・・・それもかなりw・・・アテにならない記憶だなぁw

Konnyaku01Konnyaku04

 地味な色彩の「縦縞」模様・・・「目立ちたくない花」なのか?
何に似ているかと言えば・・・やはり「イモ」の花なので「サトイモ科」の「ミズバショウ」に似ていると言えなくもないかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マメの花

 近所の畑で「エンドウマメの花」を発見
Endomame01Endomame02
「白い花」と「紫の花」の2種類あったけれど・・・ちゃんと畝が別れて植えてありましたので、微妙に種類が違うのでしょうね。(サヤエンドウとグリーンピースの違い?)
他の畑でも分けて植えられていて・・・見比べてみると「白い花」の方が、草丈が大きいようです。

 さて・・・野原にも「同じような花」が咲いておりまして・・・
Karasuno01Karasuno02
こちらは「カラスノエンドウ」・・・微妙に花が小さいような気もするけれど・・・たぶん咲き始めだからだと思う。(撮影3月下旬)
実は、「ススメノエンドウ」という「カラスノエンドウより小さい花」も存在するものですから。

 では・・・これは何のマメの花?
Soramame01Soramame02
答・・・オタフクマメ・・・っていっても解らないかw・・・普通は「ソラマメ」と呼んでいるようです。
この花は・・・私も始めてみました・・・もう少し接近して写真を撮りたかったのですが・・・そこは「よそ様の畑」ですので断念。
「ソラマメ」の由来は・・・「豆のサヤが空に向かって直立するから」だとか・・・追跡調査をしてみましょうかw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サクラの仲間? その3

 アーモンド・ナシと続いた「バラ科」のサクラの仲間・・・今回の花は・・・「クサイチゴ」です。
Noitigo0602Noitigo0601
 車で通りかかった道沿いの藪の中に・・・何か白い花が咲いておりまして・・・何だろうと近づいてみて見付けたのがこの花でした。
 滅多に通らない道なんだけど、実はものすごく家の近くなのですw・・・去年は「野いちご」を捜して・・・三ヶ日の山の中まで出かけたのですが・・・案外身近なところにたくさんあったんだね。
 実は藪の中、かなりの広範囲に花が咲いておりまして・・・この花、もう少ししたら全部実になるんだよねぇ・・・とっても楽しみw
Noitigo0603
 すでに花びらの落ちている物もありましたが・・・この形も面白いですね。

 でもなぁ・・・本当に「クサイチゴ」なのだろうか?・・・実は「シロバナヘビイチゴ」だったりしたらとても悲しいのですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サクラの仲間 その2

 春の嵐?・・・「花散らしの雨」なんて風流なものじゃなく・・・なんかとんでもない「雨風」なんですけど。

 さて・・・昨日に引き続き「サクラの仲間」の花を紹介
Nasi0409Nasi040902
 今回は「真っ白」な花・・・昨年も紹介したけれど、これは「梨の花」なのです。
梨を栽培している農家が近くにないと、そうそう見られるののではありませんが・・・ほんと「真っ白」な花が、なかなか豪勢に枝に付いております。
 昨日の「アーモンド」じゃないけれど・・・街路樹にしても見応えがありそうなんですがね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「サクラ」の仲間

 今年の桜は・・・なんかとっても「長持ち」してますねw・・・途中「強風」や「大雨」の日もあったのですが、この土日でもまだしっかり「花」を楽しむことが出来ました。

 さて、そんな中で見付けた「サクラの仲間」を紹介
0604090106040902
 一見「サクラ」そっくりなこの花・・・よく見ると「ピンク」が濃くて、花も少々大きめ・・・「アーモンド」の花です。
この花・・・地元にある「浜松フルーツパーク」のものが有名なのですが・・・それにあやかって「アーモンド通り」を作ろうと、街路樹として近くの道路に植えてあるのです。
 毎年、見に行きたくても年度末の忙しさで行けなかったのですが・・・今年は花が遅かったのか、しかも入場せずに見ることが出来ましたw
0604090306040904
 まだまだ小さな苗木ではありますが・・・これが「サクラの樹」ほど立派になったら・・・見応えあるだろうなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヒサカキ(BlogPet)

きのうもりかみで、花とか発見された。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「チロ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

清明

 二十四節気のひとつ・・・「清明」・・・「万物清く陽気になる時期」という意味なのだとか
どうもここのところ「忙しさ」のあまり、まわりをゆっくり見渡すことも出来なかったのだけれど・・・いつの間にやら沢山の花が咲いておりますね。
Renge04Renge02
 そんな中、見付けたのが「れんげの花」・・・場所は3月末までいた職場の隣。・・・れんげ畑というわけではなく、ちょこっとだけまとまって咲いておりました。・・・写真を撮ったのは先週末の忙しい最中w・・・このくらいの息抜きをしないと、ホント潰れそうでしたから。
 今はあまり見かけなくなった「れんげ畑」・・・子どものころは、家の前一面が「紫色」に染まっていたんだけどなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

タンポポ(BlogPet)

チロはここまで啓蟄もblogする?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「チロ」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »